メールレディの確定申告


メールレディはちゃんとしたお仕事ですから収入によっては確定申告を行わなければいけません。

 

普通に会社に勤めていると、会社が源泉徴収をしてくれますよね。
メールレディは個人事業主ですので、クレアでは源泉徴収をしていません。
そのため、自分で確定申告を行う必要があるのです。

 

確定申告をしなければいけない収入について

 

確定申告をしなければいけない収入の額は
仕事を掛け持ちをして副業でメールレディをしている場合と
メールレディだけ収入がある場合で変わってきます。

 

普段OLさんとして働いていて、空いた時間に副業でメールレディのお仕事をしている場合
1年間メールレディで得た収入の合計が20万円以下だと確定申告の必要はありません。

 

OLさんや会社勤めではなくても、アルバイトやパートでも同じく収入が
20万円以上になるなら確定申告をします。

 

メールレディは副収入で単発で得た収入となれば、雑所得ですが
継続的に報酬を得ているなら事業所得となります。
事業所得として届け出た場合は、メールレディが本業とされるので
掛け持ちしているお仕事との割合を考えて申告をしましょう。

 

メールレディのみの収入のケース

 

私のように、主婦でメールレディのみで収入がある場合は
1年間の収入の合計が38万円以下なら確定申告の必要はありません。

 

旦那さんの扶養に入っているので、どのお仕事をしていても扶養から外れないように気を付けなければいけませんが
お給料を貰うパートやアルバイトだと、まず103万円を気にしますよね。

 

しかしこれがメールレディは38万円になるのです。

 

103万円とは基礎控除38万円と給与所得控除65万円を足した金額のことです。

 

メールレディはライブチャットの運営会社と業務請負契約を結んでお仕事をしているので
お給料ではなく、報酬を貰っている形になります。

 

ですので、給与所得控除の65万円がないために基礎控除の38万円のみとなっているのです。

 

 

所得税を非課税にするには所得を38万円以下に抑えればいいので、経費を計上して課税所得を38万円以下にすることができます。

 

1年間の合計収入額から、メールレディでかかった費用、通信費や衣装代などの必要経費を引いた額が課税所得になるので
経費を引いた額が38万円以下になっていれば税金がかかりません。

 

経費として計上するためには領収書が必要なので、メールレディのお仕事を始めて買ったものなどの領収書は保管しておきましょう。

 

年間の収入が130万円を超えると扶養から外れてしまう

 

年間の収入が130万円を超えると扶養から外れてしまうので注意が必要です。

 

メールレディだけで年間130万円以上となると月10万円くらいなので
なかなかそこまで稼ぐのは難しいかもしれませんが
もし130万円を少しだけ超えてしまいそうなら、もっと頑張って大きく超えてみた方が良いですよ。
少しだけ超えると、扶養から外れて負担が大きくなる分損をしてしまうことがあります。

 

確定申告は面倒なのでやりたくないのが本音ですけどね〜。